次男のお話しです。

先日 部活の卒部式がありました。

主将の次男、去年先輩を送り出す時は号泣だったらしく
泣いてなかった親たちがもらい泣きだったと
後から聞きました。

去年、兄ちゃんの高校野球部と次男の中学野球部
たまたま同じ日に卒部式で
父ちゃんと母ちゃんは卒部生である兄ちゃんの卒部式に出てたので
中学の卒部式の様子は知らなかったのです。

さて、去年そんな状態だった次男
自分が卒部となれば更に号泣だろうと容易に想像出来る。

案の定【感謝の言葉】を話し始めると
号泣で言葉にならず嗚咽の連続。
しかし時々笑ってる??
こちらも泣いていいのか笑うべきなのか
なんだか変な感じ

他の仲間たち、クールに決める子もいれば
笑わせる子もいたり、次男同様嗚咽の子もいたりと
なかなか個性溢れる【感謝の言葉】でした。

最後に監督からのお話しで印象に残ったのは…

「努力は裏切らない」
というのはよくおっしゃるのですが
「ただやみくもに努力すればいいのではない」
「自分が今どんな努力をすべきか見極めて」と。
監督とのお付き合いは兄ちゃんの頃から数えて7年目。
初めて聞く言葉でした。
でも、なるほどと思える言葉でした。

努力の人の兄ちゃん
努力とは無縁の姉ちゃん
世の中なめてるように見える次男
どちらも後悔ない人生を送って欲しいものです。





にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
2015.02.14 Sat l 日々の徒然 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿